HOME > 広島・緑井 権現山 毘沙門天

Hiroshima Midorii

権現山 毘沙門天

江戸時代以降より、町民から[緑井の毘沙門さん]と呼ばれ親しまれてきた権現山・毘沙門天。正月は境内の七福神詣で、縁起ものの破魔矢や福熊手を求めることができます。毎年2月ごろに行なわれる[初寅祭]には、厄除け・商売繁昌を願う大勢の参拝客で賑わいます。

Share:

Bishamon-ten

The Origin of Bishamon-ten

毘沙門天の始まり

縁 起
広島・緑井権現山にある「毘沙門天」は、須彌山(しゅみせん)の中腹におられて仏法をお守りになる四天王の一人で「多聞天」ともいい、北方の守護神です。 現在の毘沙門天堂は1065年頃、現在地に修業僧教尊が行基菩薩の作といわれる毘沙門尊像を安置したのが始まりです。

正安元年(1299年)毘沙門天を尊信していた武田氏は銀山城中築城の時、北方の守護として僧覚信坊により願成寺を建立、さらに三京、豊用、西明、東明、光林、玄道、神宮の七ヶ寺を建立しました。その後、毛利氏の広島城築城とともに願成寺は広島に移され、毘沙門堂・仁王門・東明・西明寺のみ残されました。

境内には1千年の歴史を物語るかのように、聖観音像・福石・縁結び岩・七福神石像・修業大師像が現存し、商売繁昌・縁結びの福の神として、中・四国はもとより、広くその信仰を集めています。本堂には、御本尊毘沙門天と共に脇侍として吉祥天、並びに禪尼師童子の御尊像をお祀りしてあります。

平成26年(2014年)8月の豪雨により、境内に甚大な被害がもたらされましたが、熱心な信者、および地域やボランティアの方々の手により再建することができました。 毘沙門堂被災からの復興記録

再建した毘沙門堂 本堂
復興の様子

見どころ
境内には、修業大師像福石が現存しています。境内下には、縁結び岩仁王門、西明寺があり、参道には七福神立像を始めとする数々の地蔵があり、人々の信仰を集めると共に、参拝の楽しみの1つとなっています。

境内からさらに左奥へ登っていくと「里見の岩」があり、ここから広島市内を一望できます。昭和59年1月には、ここに「多宝塔」が建立されました。原爆死没者の冥福と参拝者の御加護のため、爆心地に向かって三層正面に大日如来が、二層四方に四天王の御尊像が安置されています。

また、権現山周辺は憩いの森としても整備され、手軽にバードウォッチングや森林浴が楽しめるスポットとしても人気です。

例祭
初寅祭
毘沙門天では、毎年旧暦・初寅の日とその前夜を「初寅祭」としています。1年でこの時だけ「御本尊」が開帳されるので、ひと目拝もうと、遠く四国や中国地方各地から熱心な信者が参拝に訪れます。また、 商売繁盛を祈願する「福虎(虎の張り子)」など各種お守りや、ご利益グッズ「びしゃもん子ねこ」を求めることもできます。毘沙門天まで上る途中の参道には数多くの露店が並び、1日中賑わいます。 開催詳細

初詣
正月は境内の七福神詣で、縁起ものの破魔矢や福熊手を求めることができます。

広島市緑井町は、山陽自動車道広島IC、アストラムライン毘沙門台駅/大町駅、JR可部線緑井駅、国道54号線がクロスした場所にあり、交通の便・立地に恵まれた地域です。

Map

毘沙門天境内

keidai

鐘楼から本堂までも急な登り坂が続きます。ご参拝の際は、歩きやすい靴でお越しください。

Photo Images